手ぬぐい 手拭い 伴天 半纏 お祭り イベント 繊維 和物 江戸小紋 注染 贈り物 プレゼント 和物繊維オーダーメイド
楽しい繊維のものづくり
お問合せ電話
 TOP > オリジナル製作 > オリジナル手拭い > 注染参考価格

オリジナル手ぬぐい
ご活用方法
こんな使い方
注染手ぬぐい参考価格
プリント手ぬぐい参考価格
仕様のご説明


見積依頼フォーム
掛け紙注文フォーム

オリジナル手ぬぐい
かんたん名入れ手ぬぐい
オリジナル伴天


ご注文の流れ
納品方法
リピートについて
お祭り・イベント幹事さんサポートページ
商品のお手入れ方法
オリジナル商品づくりのコンセプト

関連リンク
他のお客様がどのような作品をお作りになっているのかご覧になりたい方は、
ギャラリー

既製品の通信販売も行っております。
通信販売

手染め手拭い製作講座
注染実習塾サイト



注染手拭い参考価格

注染手拭いは、職人が1つ1つ手で染める技法(注染)で製作します。
デザインの配色タイプにより、本体価格(生地+染代)が異なります。
また、デザインの輪郭線の難度で型代が変わります。
あなたのデザインは、どの配色タイプでしょうか?

◆ 1色で染める
手拭いに「赤」の柄で染めた例です。デザインが下へ行くほど染料を多く使うので、単価も高くなっていきます。

手ぬぐいデザインのイメージ
配色パターン 備考
100本製作時の目安お見積り金額
総柄でも細かい柄の場合は配色パターンを地染まりとさせていただく場合がございます
100本製作時の目安お見積り金額
100本製作時の目安お見積り金額

2・3色染める(※差し分け染め)
これらは白地の手拭いを2〜3色で染めた例です。 デザインが下へ行くほど染料を多く使っていますので、単価が高くなっていきます。
差し分け染めとは?

1回の染色に、多色の染料で染めることを『差し分け』と言います。 紙の印刷技法とは違い、1枚の型紙で同時に2色染め分けることができるという、注染ならではの技法です。きれいに差し分けるには違う色と色の間に8mm〜10mm以上の余白が必要です。

手ぬぐいデザインのイメージ
配色パターン 備考
きれいに差し分けるには、色と色の間に8mm〜10mmの間隔が必要です
100本製作時の目安お見積り金額
きれいに差し分けるには、色と色の間に8mm〜10mmの間隔が必要です
100本製作時の目安お見積り金額
きれいに差し分けるには、色と色の間に8mm〜10mmの間隔が必要です
100本製作時の目安お見積り金額

白生地を無地染めした後、絵柄を染める配色タイプ(※クレア染め)
これらは地を「ベージュ」で染めてから、絵柄を「赤」1色で染めた例です。
デザインが 下へ行くほど染料を多く使っています。
※クレア染め
とは?
最初に生地を無地染めをする方法を“クレア染め”と言います。
クレア染めは200本以上からのご注文で承ります。

手ぬぐいデザインのイメージ
配色パターン 備考
クレア染めは200本以上のご注文で承ります
200本製作時の目安お見積り金額
クレア染めは200本以上のご注文で承ります
200本製作時の目安お見積り金額
クレア染めは200本以上のご注文で承ります
200本製作時の目安お見積り金額

◆クレア染め+差し分け染め…特殊
デザインにより製作が可能です。デザイン案をご用意の上、お問合わせ下さい。
mail:front@tenugui.co.jp
TEL:03-3693-3334
東京和晒株式会社 企画営業部
【特殊差し分け染めの件】とお問合わせ下さい。


(C) 2007- TokyoWazarashi tenugui.co.jp
powered by io-art.com

東京和晒の関連サイト
お祭りミュージアム 伝統文化の継承と発信
浅草お祭りミュージアム

製作事例のご紹介など
ブログ 手ぬぐいをつくろう

てぬクリ工房
世界でここだけ!手拭の手染め教室

伴天のことなら! 伴天ネット
伴天ねっと